現在の社会状況では企業は正社員を雇用して養っていく体力がなく、その分
派遣社員などに労働力をシフトしています。
派遣社員は不安定だと考える方もいますが、派遣社員は自由度の高いメリットの
大きな雇用形態だということで人気も高まっています。

まず派遣社員の大きなメリットは自分の都合に合わせて働けるということです。
派遣会社と相談して雇用条件を決めるのですがその際に勤務日数や勤務時間、
勤務場所、希望の仕事の内容などを伝え、それに合った条件の勤務先
を紹介してもらえるので便利です。

しかも契約期間が終了すれば変えることもできますからひとつの職場に縛られるのが
苦手な方にはもってこいの働き方と言えます。
また、自分にどんな仕事が向いているのか実際に働きながら試してみたい、と
感じている方にも合っています。

派遣ではさまざまな勤務先が比較的自由に選べますし、期間も決まっていますので
続けるも続けないも自分の意志で決めることができるので自分にあった職種を探すのに最適です。

また派遣の仕事は自分の能力や適性を最大限に行かせます。
一般社員だと必ずしも自分の希望の部署や仕事内容を任せてもらうことができません。
会社の都合で異動になることも多いものです。
ところが、派遣の場合基本的に自分のスキルを活かせる職場を希望して働くことが
できますのでスキルに更に磨きをかけることもできるのです。

働きたい大企業があった場合、正社員で入社するのはなかなか大変ですが
派遣社員ならあこがれの社屋の大企業でも働きやすいと言えます。
また正社員は残業などを断れないこともありますが、派遣は労働時間が契約で
きっちり決まっていますから望まない残業などをする必要もありません。
派遣という仕事はこうした比較的融通が利くところが子供のいる女性の社会復帰
などにも役立ち能力を活かして働くことができる場でもあるのです。

©2014 派遣で働くという働き方をイメージできますか?